炭水化物を難消化性デキストリンに置き換えて4kgのダイエット!

水曜日 , 17, 5月 2017 Leave a comment

炭水化物の代わりに難消化性デキストリンを食べて、置き換えてダイエットをして4kgのマイナスに成功したかの体験談ですが、早食いを改善したことも大きなポイントでした。

30歳を超えると代謝が落ちて太ってしまった方のダイエット体験談です。

炭水化物を置き換えてダイエットでなんと4kgのダイエットに成功した体験談です。

大好きな白米や麺の炭水化物を難消化性デキストリンに置き換えて糖質制限を行ない無理なく、リバウンドなくダイエットに成功できました。

あと早食いだったのも改善したこともダイエットの成功へと導いた要因でした。

炭水化物と言えば白米を中心としてうどん、そば、ラーメン、など日本人であれば生まれてから普通に食べている物です。

言ってみれば言わば習慣となっている物ですのでこれを置き換えると言うことはとても難しいことでした。

ですので、なるべく今まで食べていた物からかけ離れない物で代用が出来るように、置き換える物を選ぶときには気を付けるようにしました。

現在、私は30代なのですがやはり30歳を過ぎると基礎代謝が悪くなります。

食べたものがお腹の周りに贅肉として付きやすくなってしまいます。

本来であれば太らない様に運動をしないといけないのですが、今週から始めようと思いながらもだんだんと時間だけが過ぎて行ってしまいました。

そして、気がついたら早くも翌年の健康診断の時期が来てしまったと言う始末です。

騙し騙し数年前に購入をしたスラックスを履いていましたがウエストもここ1年で5cmも大きくなってしまいました。

そして、気になる体重は1年で6kgも太ってしまいました。

自分ではそんなに太ったつもりはなかったのですが、それだけ贅肉がついてしまったと言うことでこのままだと30代を境に肥満になってしまいますので何かの方法でダイエットをしないといけないと思ったのがダイエットをしようと思ったきっかけでした。

炭水化物好きには炭水化物ダイエットはやりやすい方法ですが、目標達成後にすぐにたくさんの炭水化物を食べるとすぐにリバウンドしてしまう可能性もあります。

そのため、私が行ったこの難消化性デキストリンダイエットは、ある意味で成功したと思います。

成功後も炭水化物の量は考えて食べることがリバウンドしないためのポイントです。

Please give us your valuable comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です