お肌のためにやっているよいことで、私が効果を感じるのは一日一回気持ちよい汗をかくこと、です。

汗をかくと毛穴のつまりがスッキリするように感じています。

実際、20代後半のころ大人ニキビができていたのですが、お風呂やサウナでサッパリ汗をかくことでニキビの悪化を防げたと思っています。

汗のかき方ですが、ジョギングやジム通いができるなら運動にもなって一石二鳥だと思います。

生活スタイルなどで運動が難しい場合はバスソルトを入れた入浴がおススメです。

私はできるだけ運動して汗をかくようにしていますが、できないときはお風呂で汗を流します。

バスソルトを入れると体が温まりやすく、発汗も促されます。

あまり熱いお湯は自律神経を狂わせるらしいので、39度くらいのお湯で15分くらいがちょうどよいと思います。

ややぬるく感じるかもしれませんが、塩を入れたお風呂だとしっかりと汗をかけます。

長く入るとのぼせやすいので注意しています。

湯船につかって汗をかいたら、洗顔もしっかりします。

ガスールという泥パックを使うのもよいです。

天然の泥で、マイナスイオンの力で毛穴汚れを引っ張り出してくれます。

できかけのニキビの上にパックしたら、脂質が吸われてニキビが治りやすくなりました(泥パックとはいえ刺激があるので、注意して使ってください。個人差もあると思います)。

その後にシリカサプリで体内から珪素をとるようにしています。

シリカには色んなお肌に良い効果があるのでおすすめです。

汗をかいてシリカサプリを飲むことで、お肌の調子がよくなりましたよ。

私の住んでいる市は道路沿いの桜の木の枝を惜しげもなく切り過ぎるのです。

それも町中の桜の木の枝を刈り取ってしまうので綺麗な桜の花が台無しなんですよ。

私は他の市町村でこれほど桜の木の枝を刈り取ってしますような行政を行っているところは知りません。

どこの町でも枝ぶりの良い桜の木が季節になると満開になりとてもきれいですが、わが町の桜はショボショボな見栄えでかわいそうになってしまいます。

何十年もかけて、やっと綺麗な枝ぶりになったという桜の枝をいとも簡単に切り落としてしまうなんて人がやることではないと思うのですが、皆さんはどう思われますか。

どこの町とはここでは言いませんが、誰もが見たらびっくりしてしまうような、ふがいない桜並木の町が私の住んでいるところです。

花見なんていう気分にはとてもなれないので残念ですが、しょうがないですね。

町中で嘆願書を書いて市長あてに送らないといけないかなとも思いますが、そこまでする気もわたしにはないので、いつも桜が満開になる季節になると気がめいってしまいます。

市に対する憤りと桜に対する悲しみが混じった憂鬱な季節になってしまうんですね。

前市長の時にはこんなことが無かったので新市長になってからの施策だとは思いますが、今度選挙があった時にはもう投票することは止めようと思っています。

No newer/older posts