私が30代半ばを過ぎた頃から気になるようになったのが体脂肪です。

20代の頃と生活のスタイルや食事の量は変わっていないのに年々基礎代謝が落ちてしまってお腹周りに脂肪がついてしまったんです。

それに以前なら食事の量を減らしてダイエットをするだけで体重のコントロールは出来たのですが、体重や脂肪も年々落ちにくくなったと感じます。

食事の量を減らしても全然体重は減らないし、さらには脂肪も落ちなかったんです。

ですが体力も落ちてしまっているので家事が終わった後とか休みの日に運動をしようといった気にもなれなくて、継続的にダイエットをしていますがなかなか効果が出てきませんでした。

近年はダイエットサプリなんかも販売されていますが、ダイエットサプリって基本的に糖質の吸収を抑制する効果があるモノなので体重を落とすのではなく現状維持の商品のように思います。

ダイエットサプリを摂取しただけでは残念ながら痩せないんですよね。

やはり体脂肪を落とすには脂肪を落とす専用のサプリを摂取するのが一番だと思います。

それにはフラバンジェノールサプリが一番良いんじゃないかと思いますね。

何故ならフラバンジェノールは体脂肪を落とす効果があることが臨床試験で報告されているからです。

そして実際にこのフラバンジェノールサプリを飲んでからは徐々に体脂肪率が確実に減って来ています。

手首とか足首なんかはあまり変わってないのですが、確実にウェスト周りが細くなって来たんです。

おそらく次に健康診断しても確実に体脂肪は落ちているという結果が出るはずだと思っています。

社会人になる女性のたしなみとして、お化粧は求められているものです。

自分が綺麗になるようで楽しい、むしろ化粧をしていないと不安というかたがいる一方、学生時代はずっとすっぴんで過ごしていたので、顔に何かを色々べたべたと塗るのは苦手…という方もいるのではないでしょうか。

そんな方達に、特に何が嫌かを尋ねてみると、ファンデーションの粉っぽさというか、なんだか皮膚呼吸を封じ込めてしまうような感覚が苦手という方が、ちらほらでした。

そういった人たちにお進めしたいのは、飲む真珠というコラーゲンのサプリです。

飲む真珠なんてあるの?っていう人も居るかも知れませんが実はあるのです。

現在は日本では1社だけこの真珠のサプリを製造販売しているところがあるんですね。

これは真珠を特殊な技術でナノ化したもので液体になっているサプリメントです。

この飲む真珠のサプリは【麗宝】というのですけど飲むだけでなく化粧水としても使えるという優れものなんです。

お化粧が苦手という若い方は、まだお肌も綺麗ですしこれを塗るだけでも充分です。

しばらくしてお化粧が慣れてきたら、この【麗宝】を下地にして、粉ファンデーションを試してみるのもいいでしょうね。

 

 

私の家は父親側、母親側、どちらも長寿系だと思います。

私の知ってる範囲内で一番若くして亡くなったのが祖父で80でしたので。

祖父の姉、私からしたら大叔母さんでしょうか。 は、94ぐらいまで生きました。

祖母は88で元気に生きています。

自分の家系の特徴として、病気なしの健康体だということです。

ガンになった人は1人もいません。

と言うと、どんな食生活、生活スタイルなのかと聞かれることもありますがこれはもうみんなバラバラです。

祖父は若い頃はお酒を飲んでいましたが、ある時からお酒は飲みませんでした。

が、甘党になりお菓子やジュースなどが好物になって好きなだけ飲食していましたし、たばこはずっと吸っていましたね。

大叔母さんはお酒もたばこもしませんでした。

祖母はお酒もたばこもしません。中年の頃はふっくらしていましたが、大食いではなくどちらかといえば少食、運動はほとんどしないタイプ。

現在は家でじっと座っていることが多く、デイサービスに行くのは運動不足にならないためですが、本人はできれば家で静かにいたい模様。

共通点は、ストレスのない生活を送っていた時期が長い・・・ということではないでしょうか。

舅、姑の気苦労などはなかったことも関係しているかもしれません。

核家族でわりと自分の思った通りに家庭を切り盛りしてきた人たちです。

生活が苦しい時もあったと思いますし、夫婦喧嘩など危機もあったかもしれません。

でも、深刻な悩み、苦しみとしてとらえず、受け流すことができる性格が良かったのではないかなと。

そんな風に私は思います。

食べ物や飲み物に気を使っても、過度なストレスや悩みは病気を誘発すると思います。

たばこやお酒、インスタント食品など少々体に悪いと言われているものを摂取しても長生きする人はします。

のんびりと大らかな気持ちで毎日暮らし続けることが長生きの秘訣かな~なんて思います。
ただ皆に共通して言える面白いことがあります。

それは長生きサプリを飲んでいることなんです。

サプリメントが好きな家系なんでしょうね。

私も今、魚油のサプリとビタミンのサプリを毎日飲んでいるんですが、これもサプリ好きという遺伝なのかもしれませんね。

私の父はものすごいおじさんのニオイがするのですが、そのニオイが臭くてたまりません。

話していても息も臭いので、少し遠ざかりながら話すようにしています。

これが俗に言う加齢臭というやつなのかもしれませんが、家族一同そのニオイに迷惑しております。

なんというかおじさん特有の臭いであり、鼻が曲がりそうなニオイなのです。

母が父の服にファブリーズをふりかけてなんとか臭いをごまかしているようなのですが、あれでは一緒の電車に乗り合わせた人も迷惑であろうと思いますし、嫌な顔をされると思います。

体臭は序々に老人となれば枯れてきて臭わなくなるとも聞きますが、それまで家族は辛抱せねばならず抜本的な解決策が必要であり、欧米人のように香水をつけてごまかすというのもひとつの手だと思うのですが(欧米人は体臭がきついので香水が発明されたらしいです)、それはそれで始終香水の匂いを嗅いでいたらその匂いで鼻がバカになりそうだし、やはり毎日お風呂に入ってちゃんとボディーソープで体を洗ってもらうしかありません(父は2日に1度しか体を洗いませんし、お風呂に入らない日も・・・)。

もう一つ体臭が嫌な匂いがするのは胃が悪いのが原因かも知れません。

父は昔から胃が弱くて良く病院に通っていました。

息が臭い胃が悪いと一般的に言われていますからね。

私も父の遺伝子を受け継いでいるのでいずれああなるのかと思うと今のうちから対策を考えていなければならず、どうしたらいいか今から途方に暮れております。

炭水化物の代わりに難消化性デキストリンを食べて、置き換えてダイエットをして4kgのマイナスに成功したかの体験談ですが、早食いを改善したことも大きなポイントでした。

30歳を超えると代謝が落ちて太ってしまった方のダイエット体験談です。

炭水化物を置き換えてダイエットでなんと4kgのダイエットに成功した体験談です。

大好きな白米や麺の炭水化物を難消化性デキストリンに置き換えて糖質制限を行ない無理なく、リバウンドなくダイエットに成功できました。

あと早食いだったのも改善したこともダイエットの成功へと導いた要因でした。

炭水化物と言えば白米を中心としてうどん、そば、ラーメン、など日本人であれば生まれてから普通に食べている物です。

言ってみれば言わば習慣となっている物ですのでこれを置き換えると言うことはとても難しいことでした。

ですので、なるべく今まで食べていた物からかけ離れない物で代用が出来るように、置き換える物を選ぶときには気を付けるようにしました。

現在、私は30代なのですがやはり30歳を過ぎると基礎代謝が悪くなります。

食べたものがお腹の周りに贅肉として付きやすくなってしまいます。

本来であれば太らない様に運動をしないといけないのですが、今週から始めようと思いながらもだんだんと時間だけが過ぎて行ってしまいました。

そして、気がついたら早くも翌年の健康診断の時期が来てしまったと言う始末です。

騙し騙し数年前に購入をしたスラックスを履いていましたがウエストもここ1年で5cmも大きくなってしまいました。

そして、気になる体重は1年で6kgも太ってしまいました。

自分ではそんなに太ったつもりはなかったのですが、それだけ贅肉がついてしまったと言うことでこのままだと30代を境に肥満になってしまいますので何かの方法でダイエットをしないといけないと思ったのがダイエットをしようと思ったきっかけでした。

炭水化物好きには炭水化物ダイエットはやりやすい方法ですが、目標達成後にすぐにたくさんの炭水化物を食べるとすぐにリバウンドしてしまう可能性もあります。

そのため、私が行ったこの難消化性デキストリンダイエットは、ある意味で成功したと思います。

成功後も炭水化物の量は考えて食べることがリバウンドしないためのポイントです。

子供を二人出産し現在中学生の長女が赤ちゃんの時にとにかく困っていたことが夕方に少しでお昼寝してしまうと夜中まで寝ないで起きていることでした。

長女が赤ちゃんの頃はファミリー向けではないマンションに住んでおり今よりも部屋も狭い家だったので歩行器を置くことができずいつもハイハイか抱っこかおんぶで過ごしていましたが夕方に買い物に行ったりテレビを見ている時にふと数分でも寝てしまうと夜中の一時ころまで寝ないで起きていることが日常茶飯事でした。

主人は忙しかったことやまだ子育てに慣れていなかったこともあり私がお風呂に入っている間に泣いたら困ると言って長女が寝るまでお風呂に入ることができずにいました。

長女は夏生まれなので夜中まで寝ない時期が冬だったので夜中にお風呂に入るのも近所に迷惑だし長女が泣いても主人は起きないので結局寒い中シャワーを浴びて毎日震えながらお風呂から出ていました。

さすがに数か月続くと私の体にも疲れがたまり実家に帰ってゆっくりしたりもしましたが2週間ほどで自宅に帰るとまた同じことの繰り返しで夜中のシャワーで我慢していました。

主人に休みの日だけでもお風呂に入っている間は面倒を見てほしいと頼みましたがな泣かれたら困るからと断られてしまい夜中に寝る癖が治るのか暖かくかくなる季節を待つしかありませんでした。

ある日、いつも以上に長女の寝つきが悪く母乳サプリを毎日飲んでいたおかげで良く出ていた母乳をあげても抱っこしても全く寝ることがなく気が付いたら夜中の2時を過ぎていました。

その時に今までずっと我慢していた気持ちに我慢ができなくなったようで自分でも気づかぬうちに主人を無理やり起こし長女を預けお風呂に入っていました。

さすがに主人も悪いと思ったのか夜中でしたが長女を抱っこして待っておりその後数か月ほどしてから長女は早い時間に寝てくれるようになりましたが休みの日だけは私がお風呂に入る時間に主人が長女を見ていてくれるようになりました。

今考えてみるとなんであんなに主人に気を使っていたのか疑問ですが夜中まで長女が寝てくれないことは体力的にも精神的にもとても辛かった思い出です。

私が以前やっていたダイエットについて紹介します。

私のダイエットは、大きく有酸素運動をする機会を意識的に増やし、晩御飯を抜くようにしました。

そして代わりにコンブチャサプリを飲むようにしました。

まず、有酸素運動を意識的に増やすことに関してですが、通勤の際にバイクで最寄り駅まで行っていましたが、徒歩で行くようにしました。

片道20分くらいかかるところにあります。

ただ歩くだけではモチベーションが上がらないので、アップテンポな音楽を聴いて気持ちを上げて行っていました。

毎日の歩く時の音楽を決めておくと、その音楽を聴くことによって私は気持ちを上げることができました。

これも、運動をするリズムを作るのに必要な行動だと思いました。

それと、単純なことですがなるべくエスカレーターやエレベーターを使うのではなく階段を使うように心がけました。

階段を上るのも、一段と橋ではなく、一段一段上るようにして、運動量を増やすことを心掛けました。

ご飯を抜くのは晩御飯の時だけにしました。

一番いいのは6時までの食事を終わらせることと聞いていましたが、仕事をしているとその時間に食べるのはどうしても無理でした。

なので、太る要因とされているご飯を夜だけ抜くことにしました。正直お腹がすきます。

それで晩御飯の代わりにコンブチャサプリを飲むようにしました。

最初はきつかったですが、自分で味付けを変えてみたりすると飽きずに飲むことができました。

このようなダイエットを行うことにより3か月で82キロから74キロまで痩せ、ダイエットに成功しました。

私はプラセンタ原液100が好きで毎日使っているんですが、さらにもっと相乗効果のあるものがあるんです。

それはお米を研ぐときに出てくるとぎ汁です。私はこれを、顔洗うときに使っています。

米の研ぎ汁には、セラミドやミネラル、ビタミンEなど各種ビタミンが含まれているので、そのまま捨てると勿体無いないんです。

私の場合、米を研ぐ時、ボールを用意して、そこに水を入れたまるようにしています。後ほど、そのとぎ汁を大きめのボトルに入れ替えて、冷蔵庫にいれます。

毎日、お米を研ぐというかたは別に、大きいサイズでなくても良いと思います。

私の場合、週2ほどのため、まとめて、ストックするようにしています。

容器に関してはなんでも良いと思います。私はポンプ式の方が使いやすかったので、100均一などで揃えました。ちなみに、2つ使っています。

米のとぎ汁を使うのは、主に朝です。朝の洗顔はいまは、これのみです。

ジャブジャブ使っています。お金がかかっていないので、気にせず使えるという点も嬉しいポイントだと思っています。

米の研ぎ汁を使うと、化粧ノリも良いんです。肌にも良い効果があると感じています。

この洗顔の後にプラセンタ原液100を塗るとさらに効果があるんです。

プラセンタ原液100だけの時よりもずーっと凄い効果が出ます。

お肌はツルツルになってすべすべになるんですよ。

顔以外にも、マッサージをする時のクリーム代わりに使うこともあるんです。結構、万能だと思っています。

しかし、長期保存はできなそうなので、早めに使いきった方が良いです。

 

基礎化粧品には、ちふれのシリーズを使っています。

値段が安くてシンプルなところが良いです。

コマーシャルをあまりしないので宣伝費がないぶん安くついてるのかなと思います。

今使っているのは、美白化粧水とオールインワンクリームです。

乳液はクリームがあるので、私は使っていません。

オールインワンクリームは保湿クリームで、冬場は欠かせません。

伸びがよくてべたつかないところが、私の肌にあっているのだと思います。

コエンザイムQ-10とαリボ酸が保湿成分となっています。

小ぶりで丸く白いビンに入っています。容量は30グラムで、私にはちょうどひと冬使ってなくなる量です。

乾燥しているなときずいた時に、いつでも塗るという使い方をしています。

洗顔後の化粧水のあとにも必ず使います。

夏になると、それほど乾燥が激しくなくなるので、オールインワンクリームをやめて乳液に変えます。

乳液は、化粧水と同じ美白乳液VCを使っています。

春夏秋と使ってなくなるので、冬はオールインワンクリームを使うという一年のローテーションになっています。

化粧水はなくなれば補充するという具合です。

しばらくはちふれのシリーズを愛用したいと思いますが、無印良品の基礎化粧品にも少し興味があります。

お肌のためにやっているよいことで、私が効果を感じるのは一日一回気持ちよい汗をかくこと、です。

汗をかくと毛穴のつまりがスッキリするように感じています。

実際、20代後半のころ大人ニキビができていたのですが、お風呂やサウナでサッパリ汗をかくことでニキビの悪化を防げたと思っています。

汗のかき方ですが、ジョギングやジム通いができるなら運動にもなって一石二鳥だと思います。

生活スタイルなどで運動が難しい場合はバスソルトを入れた入浴がおススメです。

私はできるだけ運動して汗をかくようにしていますが、できないときはお風呂で汗を流します。

バスソルトを入れると体が温まりやすく、発汗も促されます。

あまり熱いお湯は自律神経を狂わせるらしいので、39度くらいのお湯で15分くらいがちょうどよいと思います。

ややぬるく感じるかもしれませんが、塩を入れたお風呂だとしっかりと汗をかけます。

長く入るとのぼせやすいので注意しています。

湯船につかって汗をかいたら、洗顔もしっかりします。

ガスールという泥パックを使うのもよいです。

天然の泥で、マイナスイオンの力で毛穴汚れを引っ張り出してくれます。

できかけのニキビの上にパックしたら、脂質が吸われてニキビが治りやすくなりました(泥パックとはいえ刺激があるので、注意して使ってください。個人差もあると思います)。

その後にシリカサプリで体内から珪素をとるようにしています。

シリカには色んなお肌に良い効果があるのでおすすめです。

汗をかいてシリカサプリを飲むことで、お肌の調子がよくなりましたよ。

私の住んでいる市は道路沿いの桜の木の枝を惜しげもなく切り過ぎるのです。

それも町中の桜の木の枝を刈り取ってしまうので綺麗な桜の花が台無しなんですよ。

私は他の市町村でこれほど桜の木の枝を刈り取ってしますような行政を行っているところは知りません。

どこの町でも枝ぶりの良い桜の木が季節になると満開になりとてもきれいですが、わが町の桜はショボショボな見栄えでかわいそうになってしまいます。

何十年もかけて、やっと綺麗な枝ぶりになったという桜の枝をいとも簡単に切り落としてしまうなんて人がやることではないと思うのですが、皆さんはどう思われますか。

どこの町とはここでは言いませんが、誰もが見たらびっくりしてしまうような、ふがいない桜並木の町が私の住んでいるところです。

花見なんていう気分にはとてもなれないので残念ですが、しょうがないですね。

町中で嘆願書を書いて市長あてに送らないといけないかなとも思いますが、そこまでする気もわたしにはないので、いつも桜が満開になる季節になると気がめいってしまいます。

市に対する憤りと桜に対する悲しみが混じった憂鬱な季節になってしまうんですね。

前市長の時にはこんなことが無かったので新市長になってからの施策だとは思いますが、今度選挙があった時にはもう投票することは止めようと思っています。

No newer/older posts